JR岡山駅東口広場への路面電車乗り入れ 23年度運用開始へ岡山市長表明

2018年10月9日、岡山市の大森雅夫市長は記者会見で、JR岡山駅東口広場への路面電車乗り入れ計画について、2022年度中に工事を終了し、2023年度の運用開始を目指す方針を明らかにしました。18年度末までに軌道の延伸やホーム新設などに必要な都市計画決定を済ませ、詳細設計を経て21年度に工事に取り掛かる。

計画によりますと、桃太郎大通りの岡山駅前電停から軌道を駅方向に約100m延ばし、東口広場内に三つのホームを備えた電停を新設。岡山駅東口を出て電停までの距離は、現在の約180mから約40mに短縮。

乗り入れに合わせて駅前広場の整備も進め、タクシー乗降と一般送迎の配置を入れ替える方針。タクシー乗降場を電停近くとすることで、公共交通機関の利便性向上を図る。

岡山市都市整備局交通政策課

岡山市都市整備局交通政策課

路面電車乗り入れを含めた
岡山駅前広場のあり方検討について
検討資料より引用

路面電車乗り入れイメージ図

路面電車乗り入れイメージ図

平成31年度 政策提言・要望事項より引用

岡山駅東口広場の改良整備は2018年10月中旬までにデザイナーを決める

東口広場の改良整備では、デザイナーを公募しており、6者からデザインとともに応募がありました。

岡山市は9日からパブリックコメントを集め、市民や有識者の意見を参考にしながら、10月中旬までにデザイナーを決める方針です。

めぐりん岡山駅乗り入れ問題も(2018年9月28日)

両備バスと岡山電気軌道の労働組合の代表が、28日朝、岡山市役所を訪れ、担当者に上申書を提出。
 すでにJR西日本に打診していて、今後岡山市などと協議の場が設けられる予定ですが、上申書では乗り入れについて安全性や定時性に問題があり、議論そのものを打ち切ってほしいとしています。

関連するまとめ

中国地方は岡山県のみだ!広島の「クリスピー・クリーム・ドーナツ」2店舗が閉店!

とうとう中国地方では岡山県の身となってしまったクリスピー・クリーム・ドーナツ

numax / 14789 view

9/26発売「中古リノベーションというすごい選択」

弊社社長 安藤辰が本を出版します 「中古リノベーションというすごい選択」 マイホームにお悩みの方は、ぜひお手…

安藤嘉助商店 (株)カスケホーム / 915 view

Amazon(アマゾン)、岡山・総社の物流拠点公開 中四国初稼働|雇用促進なるか

インターネット通販大手アマゾンジャパンは6月26日に中四国地方で初めて稼働した岡山県総社市の物流センター(岡…

ちゃおず / 22007 view

【路面電車とバス】駅長ブームの火付け役となった猫「たま駅長」を車体に★かわいい

動物駅長ブームの火付け役となった猫「たま駅長」を車体に、路面電車と路線バスで、降車ボタンの音をブザーから猫の…

numax / 10660 view

numax

岡山に関する情報を集めています!
岡山県内の様々なイベントに興味あり。

bonboneSquare のだ初 山方永寿堂 高梁川流域周遊ラリー LaLa Okayama さまくるキュレータ募集

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

■■■■記事の作成方法はこちら!■■■■