JR岡山駅東口広場への路面電車乗り入れ 23年度運用開始へ岡山市長表明

2018年10月9日、岡山市の大森雅夫市長は記者会見で、JR岡山駅東口広場への路面電車乗り入れ計画について、2022年度中に工事を終了し、2023年度の運用開始を目指す方針を明らかにしました。18年度末までに軌道の延伸やホーム新設などに必要な都市計画決定を済ませ、詳細設計を経て21年度に工事に取り掛かる。

計画によりますと、桃太郎大通りの岡山駅前電停から軌道を駅方向に約100m延ばし、東口広場内に三つのホームを備えた電停を新設。岡山駅東口を出て電停までの距離は、現在の約180mから約40mに短縮。

乗り入れに合わせて駅前広場の整備も進め、タクシー乗降と一般送迎の配置を入れ替える方針。タクシー乗降場を電停近くとすることで、公共交通機関の利便性向上を図る。

岡山市都市整備局交通政策課

岡山市都市整備局交通政策課

路面電車乗り入れを含めた
岡山駅前広場のあり方検討について
検討資料より引用

路面電車乗り入れイメージ図

路面電車乗り入れイメージ図

平成31年度 政策提言・要望事項より引用

岡山駅東口広場の改良整備は2018年10月中旬までにデザイナーを決める

東口広場の改良整備では、デザイナーを公募しており、6者からデザインとともに応募がありました。

岡山市は9日からパブリックコメントを集め、市民や有識者の意見を参考にしながら、10月中旬までにデザイナーを決める方針です。

めぐりん岡山駅乗り入れ問題も(2018年9月28日)

両備バスと岡山電気軌道の労働組合の代表が、28日朝、岡山市役所を訪れ、担当者に上申書を提出。
 すでにJR西日本に打診していて、今後岡山市などと協議の場が設けられる予定ですが、上申書では乗り入れについて安全性や定時性に問題があり、議論そのものを打ち切ってほしいとしています。

関連するまとめ

Amazon(アマゾン)、岡山・総社の物流拠点公開 中四国初稼働|雇用促進なるか

インターネット通販大手アマゾンジャパンは6月26日に中四国地方で初めて稼働した岡山県総社市の物流センター(岡…

ちゃおず / 9512 view

平成30年7月豪雨|岡山県倉敷市真備町地区の断水が7月24日に解消されました

倉敷市ホームページによりますと、2018年7月23日(月) 17時45分現在、真備地区小田川から北の区域につ…

さまくるおかやま運営 / 875 view

超猛毒キノコ「カエンタケ」が岡山で初確認|触れるだけで危険|新見の鯉が窪湿原

超猛毒キノコ「カエンタケ」が岡山(新見市哲西町矢田の鯉が窪湿原(国天然記念物))で初確認されました。触れるだ…

ポンス / 1899 view

【衝撃】2016年8月末をめどにアリオ倉敷ヨーカドー食品館閉店!後継は…

三井アウトレット倉敷が隣接する、アリオ倉敷ヨーカドー食品館が閉店する方向で調整中。イトーヨーカ堂、天満屋スト…

ちゃおず / 17971 view

【水害復興支援活動】除菌・消臭水「スーパー次亜水」無償提供のご案内

この度西日本を襲った大規模大雨洪水被害に対し、心よりお見舞い申し上げます。 当社は除菌・消臭水「スーパー次亜…

Syukkiri / 1045 view

関連するキーワード