倉敷新名物 デニムまん

ブルージーンズ色の肉まんです。インパクトが凄いですね!

国内で初めてジーンズを生産した土地として知られる、岡山県倉敷市の児島地区。これにちなんだ同市の美観地区にあるデニム専門店「倉敷デニムストリート」では、デニムの定番カラーである藍色に染まった豚まん「デニムまん」という珍妙な食べ物が売られています。好奇心とは裏腹に食欲が湧いてきません。

食欲をなくす見た目ですが、味の方はどうなのでしょう?

クチナシの花を使って皮をインディゴブルーに仕上げ、中には黒豚肉のあんが入っています。
外観は思いきりブルーだが、「味は普通の黒豚まんです。おいしい、とよく言われます」とのこと。見た目はちょっとアレだが、中身はとびきりおいしいという意外性も、魅力かもしれないですね。

味は美味しいようです!
このデニムまんの青は、デニムと同じインディゴで染められているわけではなく、クチナシを使用して着色されているとのことなのでご安心を!

こちらは岡山県倉敷のデニム専門店「倉敷デニムストリート」で売られている青い肉まん、その名も「デニムまん」だ。看板には「食欲をなくす色 No.1 それは青色です」と、開き直ったような宣伝文句が書かれている。
 倉敷はジーンズ関連の企業が多く集まる場所として知られており、それにちなんだ名物となっているらしい。

デニムまんが食べられる『倉敷デニムストリート』とは

2014年11月OPEN。
倉敷の児島地区が国産デニム発祥の地であることにちなみ、児島産のデニム製品や、デニム製の小物雑貨や装飾品などを取りそろえています。
フードコーナーでは、ラムネ味の「デニムソフト」、「デニムバーガー」、「デニムまん」など、デニムにちなんで青系の色に仕上げた軽食を販売しています。

所在地 岡山県倉敷市中央1
TEL 086-436-6218
アクセス JR倉敷駅より徒歩20分
駐車場 なし
ブログ http://ameblo.jp/kurashiki-denimstreet/

倉敷・美観地区にデニム専門店「倉敷デニムストリート」(倉敷市中央1、TEL 086-436-6218)がオープン

さらに、デニムバーガー・デニムソフトも・・・

国産ジーンズ発祥の地・倉敷市の美観地区で、ブルージーンズそっくりの青い色をしたハンバーガー「デニムバーガー」(税込み350円)が、観光客の人気を集めている。

ブルーベリーで染めたラムネ味の「デニムソフト」(380円)

客の9割は観光客。青は食欲をなくす色とされ、最初は気味悪がる人が多かったが、興味本位で食べた人の反応は「意外においしい」と上々だった。

好奇心のある人はぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?

関連するまとめ

生チョコろーる

お待たせしました 生チョコろーるはじまりました 久しぶりに作ったので中の生チョコ太過ぎ〜 でもお値段そのまま…

kiyomasa / 163 view

寄島の牡蠣を食べれる所をまとめました

寄島カキ直売所では、11月14日(土)から殻付きカキ及びむき身カキの販売が始まります。 漁港の敷地内に十数…

BradburyPi / 23107 view

【岡山手土産《和菓子編》】ちょとした手土産に、持っていきたい和菓子をまとめてみました…

知人宅に行くときなど、ちょっと手土産を持って行きたい和菓子をまとめてみました!!

mini / 9627 view

うどん自販機が岡山駅の新幹線ホームに登場で話題に!「ふるいち」のうどん

JR岡山駅の新幹線ホームにうどんの自販機が登場で話題に!うどんは「ふるいち」のうどん♪ふるいちのうどんは昨年…

ちゃおず / 3251 view

【ドラマロケ地】旧遷喬尋常小学校校舎で懐かしの給食を食べよう!

ドラマの撮影にも使われた明治時代に建てられた小学校跡地で懐かしい給食を食べられるイベントが開催されます。

kussun / 10100 view