街を移動していると、意外と「霊園」や「墓地」を見かけますよね?

でも、いざお墓を建てようと考えると「どうやって建てる場所を探せばいいのだろう」「何から始めていいのかわからない」って、難しいですよね。

この記事では、理想のお墓が見つかるお墓探しの方法や岡山のおすすめ墓地・霊園をピックアップ形式で解説しています。

ぜひお墓探しのポイントやおすすめの墓地・霊園を参考にしてみてください。

お墓を建てられる場所

お墓を建てることができる場所は、実は法律で決まった場所しかダメなんです。
法律で定められた場所以外にお墓を建てると、法律違反になってしまいます。

お墓をってることができるのは、「霊園」や「墓地」と呼ばれるところです。
そしてこの「霊園」や「墓地」には、大きく分けて3つの種類があります。

・公営墓地…地方自治体が管理している墓地です。お墓を建てることができる人に、一定の条件がある場合がほとんどです。
【メリット】1.ほとんどの霊園で宗教や国籍の制約がない 2.永代使用料・管理費が寺院墓地や民間霊園と比べると安い場合が多い。

【デメリット】1.応募多数で抽選になる場合が多い。 2.区画や墓石の形・デザインが制限される場合がある。 3.生前購入ができないことがある。


・寺院墓地...お寺の境内にある墓地のことで、そのお寺の檀家の方々のために造られた墓地です。
【メリット】1.檀家になることで手厚く供養してもらえる。 2.法要などで困ったことがあれば、すぐに僧侶に相談することができる。

【デメリット】1.檀家になる必要がある場合が多く、檀家になると、檀家としての務め(お寺の行事・活動への参加や寺院の維持のために寄付など)が必要になるケースも。
2.墓石の形状や大きさ、デザインは決められている場合が多い。

・民間霊園...お寺が経営主体となり、財団法人や社団法人などが実際の運営をしている霊園です。
【メリット】1.墓地を入手しやすい 2.誰でも利用できる 3.利用者目線のサービスが充実 4.お墓の区画やデザインを自由に選べる

【デメリット】1.墓石工事の石材店が決められている2.永代使用料が比較的割高3.大規模霊園は山裾や郊外に多い

岡山県の公営霊園

市区町村といった自治体で管理・運営している霊園を公営霊園と呼びます。

岡山県内には、公営霊園が215件あります。よって、この記事では、岡山市内にある評価が高い霊園を3件ピックアップ!

・岡山市営 なださきメモリーパーク
・岡山市営 網浜墓地
・岡山市営 藤田錦墓地

岡山市営 なださきメモリーパーク

開放感にあふれ、綺麗に整備された公営霊園!

2014年にできたばかりの新しい霊園です。

■所在地
〒709-1215 岡山県岡山市南区片岡
駐車場有

■交通アクセス
宇野線備前片岡駅から徒歩約10分

岡山市営 網浜墓地

前方後円墳が近くにある大きな墓地

昔ながらの市営墓地です。

■所在地
〒703-8284 岡山県岡山市中区網浜1418番地
駐車場あり

■交通アクセス
「岡山電鉄・東山駅」から徒歩18分

岡山市営 藤田錦墓地

周囲に田園風景が広がるのどかな市営墓地

参道が広く落ち着いた市営墓地

■所在地
〒701-0221 岡山県岡山市南区藤田551番地の7

■交通アクセス
両備ホールディングス「錦六区入口駅」から徒歩約18分

関連するまとめ

【うったて】標準語じゃなかった…!岡山弁まとめ【チャラ書き】

「うそじゃろ?!標準語じゃと思っとったら岡山弁じゃが…!!!」をまとめてみました◎

m*s2 / 45707 view

今夜8時はおうちで銭湯!

清心温泉メンバーが五右衛門風呂を計画!? みんなでお風呂に入りたいという思いをつないでいます. 手造りの五右…

We_are_清心温泉 / 459 view

STU48始動!岡山にもついにAKB48姉妹グループが発足!【9/21 新規情報UP…

【新着】STU48が一日署長 岡山中央署|、岡山県出身の菅原早記さんと藤原あずささん、広島県出身の土路生優里…

yastice / 13091 view

ワークショップのご案内(カトラリーケース作り)

chume~ちゅめ~様による \カトラリーケース作り/ ✐4/30(月・祝) 当店にて ✐午前の部 10:…

ハンドメイド雑貨-R アール / 1074 view

【こいのぼり】を購入するなら岡山県で!!

全国シェアNo.1のこいのぼり屋さんは実は岡山県にあった!! 購入を検討されている方は、是非岡山で!!

牛tan / 4855 view

関連するキーワード

のだ初 山方永寿堂 高梁川流域周遊ラリー LaLa Okayama さまくるキュレータ募集

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

■■■■記事の作成方法はこちら!■■■■