岡山の花火大会代替は「烏城夏まつり」 商工会議所が8月2、3日開催方針(2019.3.28更新)

岡山城や周辺を会場にした「烏城夏まつり」(仮称)を8月2、3日に行う方針

会場を3ゾーンに分け午後4時~9時に開催する。桃太郎伝説をテーマに岡山城天守閣のライトアップや天守閣前広場でステージイベントを実施。本丸中の段には戦国・江戸時代をモチーフにしたビアガーデンなどがオープンする。本丸下の段や石山公園では昭和の雰囲気を味わえる縁日屋台や地元特産品を販売するマルシェを開く。

おかやま桃太郎まつり2018 花火は中止に

おかやま桃太郎まつりの花火大会 来年は今の場所では開催せず 岡山市

2018/12/27更新

8月に岡山市で開かれるおかやま桃太郎まつりの「納涼花火大会」について、会場の安全確保が十分にできないとして、2019年は今の場所では開催しないことが決まりました。

岡山市や岡山商工会議所などでつくるおかやま桃太郎まつり運営委員会が2018年12月27日に開かれた会合で決めたものです。

委員会では、安全を十分に確保できないとして2019年は現在の会場での花火大会は行わないことを決め、今後別の場所で開催するか、代わりの新たなイベントを行うかを検討する方針です。

「おかやま桃太郎まつり」納涼花火大会 2019年度の開催を休止する方針

休止理由は安全に運営する体制の構築が困難なため

 毎年8月に岡山市中心部で開かれる「おかやま桃太郎まつり」納涼花火大会の事務局を務める岡山商工会議所(同市北区厚生町)は7日、2019年度の開催を休止する方針を固めた。現在地で安全に運営するための警備体制構築が難しくなったため。今後、代替地の検討を進めるとともに、花火に代わる新たな集客イベント実施も視野に入れる。

人手不足等の影響により、警備担当者の確保が年々困難になり、民間業者の不足分はボランティアで補っていたそうです。

また、近年はテロ対策など警備の高度化が求められ、体制の充実も必要になっている。
打ち上げ場所が市中心部にあり、狭い空間に人が密集する危険性も長年指摘されていたことから、現在地での開催は困難と判断したとの事です。

岡山商工会議所

今後は代替地の検討を進めるとともに、花火に代わる新たな集客イベント実施も視野に入れるそうですが、どうなるのでしょうか。

続報が入り次第、更新したいと思います。

関連するまとめ

【衝撃】岡山もピザポテトなどのポテトチップスがスーパーから消えた!カルビー・湖池屋

北海道の原料不作が影響で全国に衝撃が走ったポテトチップス販売停止問題。岡山のスーパーからもポテトチップス消え…

ポンス / 1714 view

【めぐりん岡山駅乗り入れ】両備グループの労組が岡山市に上申「絶対反対」

両備バスと岡電バスは、岡山市や倉敷市などを走る路線バス31路線を八晃運輸「めぐりん」の影響により廃止すると2…

ちゃおず / 26104 view

JR SKISKI★今年のゲレンデ美女は桜井日奈子!CMソングはAlexandros

本田翼さん、川口春奈さん、広瀬すずさんなど人気の若手女優らを起用し、毎年冬に注目を集める『JR SKISKI…

numax / 3003 view

JR桃太郎線(吉備線)のLRT化で新駅5か所の案を作成(岡山―総社間)

2019/1/29 岡山から総社間を結ぶJR桃太郎線(吉備線)のLRT(次世代型路面電車)化について、岡山市…

numax / 4728 view