備前焼映画「ハルカの陶(すえ)」映画化決定!

映画「ハルカの陶(すえ)」はオール岡山ロケ!備前市及び岡山県内

「ハルカの陶」は、原作:ディスク・ふらい、作画:西崎泰正による備前焼を扱った漫画作品で、「週刊漫画TIMES」(芳文社)にて2011年1月から2012年2月まで連載して、単行本は3巻発刊しています。
ニューマーク㈱が備前焼作家と繋がるの中、この「ハルカの陶」の実写映画化を行うものです。

・備前焼映画製作委員会:7団体
・備前焼映画製作推進委員会:6団体

映画の撮影は、備前市及び岡山県内で完結します。

平成30年10月に撮影を行い、同月内に撮り終えます。
上映は、平成31年秋を予定しています。

映画「ハルカの陶(すえ)」|あらすじ

<あらすじ>
東京で日々を無為に過ごしていたOLの小山はるか(25歳/奈緒)はある日、偶然訪れたデパートの陶芸展で備前焼の大皿に一目惚れし、備前焼作家の若竹修(41歳/平山浩行)に会うため備前焼の町、岡山県備前市伊部を訪れる。
弟子入りを願うはるかをぞんざいな態度で追い返す修に対し、「備前焼をつくるのは土、火、そして人じゃ」と諭す榊陶人(68歳/笹野高史)。

弟子見習いとして修の元で修行することになったはるかは備前の人々のものづくりに向き合う姿や、広大な美しい自然に触れることで、自分と向き合うことを深く考え始める。そんなはるかの姿を見て修もまた、次第に心を開き始めるのであった。

岡山県オールロケを敢行、備前焼まつりや窯焚きの迫力を映像を織り交ぜながら備前市伊部で繰り広げられる様々な人間ドラマを通じて「備前焼の魅力」を描き、国内はもちろん、海外へも発信を行う。

備前市がインターネットで寄付を募るクラウドファンディング型ふるさと納税

備前焼映画「ハルカの陶(すえ)」|お礼の品はこちら

5千円コース
監督からの感謝状(映画の場面写真付)

1万円コース
・監督からの感謝状(映画の場面写真付)
・映画チラシ(A4・非売品)×3
・映画クリアファイル×1

5万円コース
・監督からの感謝状(映画の場面写真付)
・映画チラシ(A4・非売品)×3
・映画クリアファイル×1
・映画DVD(限定カバー)×1
・芳名帳(WEB上)にて顕彰(希望者のみ)

他にも10万円コース、50万円コース、100万円コースもあります。

映画「ハルカの陶(すえ)」のエキストラのご登録について

現在、当サイトからのエキストラの登録は終了しております。

10月9日以降にエキストラ人材バンクへご登録いただきました方へは 映画『ハルカの陶』へのエキストラについての情報は発信されませんのでご注意ください。

関連するまとめ

<岡山・倉敷>元パティシエに聞いた!プロも通うお菓子の材料がそろうお店♪

もうすぐバレンタイン!凝ったチョコレートを作りたいけど、材料がなかなか揃わない…。プロに岡山の製菓店を教えて…

m*s2 / 27139 view

【知ってた!?】甲子園球場に使われている初代黒土は岡山県日本原産だった件

春の選抜高校野球!!今年で第88回を迎える。中四国ブロックからはなんと、岡山県の創志学園高校が!春の大会では…

@がぶりんちょ / 6459 view

耳から離れないんだけどぉおおおお! 【地産地消おかやまの唄】

地産地消、地産地消 おかやま~♪一度、聞いたら無限ループに陥ります・・・笑

@がぶりんちょ / 1951 view

【エヴァ新幹線】乗ってみた パーサーのエプロンまで♡<岡山お目見え>

“エヴァ初号機”快走中! 人気アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」とコラボレーションした500系こだま号「500…

numax / 6941 view

本日4月14日の山陽新聞に清心温泉復活基金が掲載

本日4月14日の山陽新聞に清心温泉復活基金の記事が掲載されています。 岡山県の皆様にぜひ読んでいただければ…

seishinonsen323 / 1033 view

関連するキーワード

ちゃおず

岡山を盛り上げるために岡山のイベントやニュースなどを取り上げていきます
ハンドメイド作品、雑貨、ハンドメイドイベントが大好きです!

ググッとベルト LaLa Okayama さまくるキュレータ募集

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング